キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、ヴォロネジ州知事、ヴォロネジ府主教と会見(2014年8月)

 2014年8月26日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、ロシア連邦構成主体ヴォロネジ州知事アレクセイ・ヴァーシリエヴィチ・ゴルデーエフ閣下(Alexey Vasiliyevich Gordeyev【Gordeev】)及びロシア正教会ヴォロネジ・リスキンスキー府主教セルギイ座下(His Eminence Metropolitan Sergii【Sergius】 of Voronezh and Liskinsky)と会見されました。

 会談では、ヴォロネジ府主教教区の更なる発展、教区と州政府の共同プロジェクト、ウクライナ東南部からロシア連邦への避難民(ヴォロネジ州へは17000人)への支援などについて話し合われたようです。

 

Патриарх Кирилл принял губернатора Воронежской области А.В. Гордеева – YouTube

 

記事:
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл принял губернатора Воронежской области А.В. Гордеева и митрополита Воронежского Сергия / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ヴォロネジ州公式サイト)Воронежская область. Официальный Портал органов власти. – ВСТРЕЧА С ПАТРИАРХОМ МОСКОВСКИМ И ВСЕЯ РУСИ
 (ロシア語:ロシア正教会ヴォロネジ府主教教区公式サイト)Воронежская митрополия – В Москве состоялась встреча Святейшего Патриарха Московского и всея Руси Кирилла с митрополитом Воронежским и Лискинским Сергием и главой Воронежской области Алексеем Васильевичем Гордеевым

 

参考(ウィキペディア):
 キリル1世 (モスクワ総主教) – Wikipedia
 (英語)Patriarch Kirill of Moscow – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア正教会 – Wikipedia
 (英語)Russian Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア – Wikipedia

 (英語:ヴォロネジ教区)Diocese of Voronezh – Wikipedia, the free encyclopedia

 アレクセイ・ゴルデーエフ – Wikipedia
 (英語)Alexey Gordeyev – Wikipedia, the free encyclopedia
 ヴォロネジ州 – Wikipedia

ガーナのアシャンティ王オトゥムフオ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世陛下がイギリスのカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー座下を私的訪問(2014年8月)

 2014年8月1日、ガーナ共和国の極めて有力な伝統的君主である、アシャンティ王オトゥムフオ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世陛下(Otumfuo Nana Osei Tutu II : His Majesty The Asantehene【King of the Kingdom of Ashanti】【King of the Asante】)が、イギリスのキリスト教/イングランド国教会/全イングランド首座/カンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー座下(Justin Welby : His Grace The Lord Archbishop of Canterbury)を私的訪問されました。

※なお、カンタベリー大主教公式サイトの記事では、オトゥムフオ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世への敬称の表記が「His Excellency Otumfuo Nana Osei Tutu II」と、「陛下」ではなく「閣下」となっています。「陛下」とは書きにくかったのかもしれません。単なる表記ミスかもしれませんが。
 
 オトゥムフオ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世陛下の妻であるジュリア・オセイ・トゥトゥ令夫人(Lady Julia Osei Tutu)もガーナより来訪し、イギリスではイギリス連合王国駐箚ガーナ共和国高等弁務官ヴィクター・エマニュエル・スミス閣下(His Excellency Victor Emmanuel Smith)が同行したようです。

 ジャスティン・ウェルビー座下は植民地主義への反省と和解について述べ、アングリカン(英国国教会系のキリスト教徒)であるオトゥムフオ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世陛下は、今秋のジャスティン・ウェルビー座下の西アフリカ聖公会訪問を楽しみにしていると述べたようです。

 

Archbishop of Canterbury welcomes Ashanti King to Lambeth Palace – YouTube

 

記事:
 (英語:カンタベリー大主教公式サイト)The Archbishop of Canterbury – Archbishop welcomes Ghana’s Ashanti King to Lambeth Palace…

 

参考:
 (英語:オトゥムフオ・ナナ・オセイ・トゥトゥ2世)Otumfuo Nana Osei Tutu II – Wikipedia, the free encyclopedia
 アシャンティ王国 – Wikipedia
 (英語)Ashanti Empire – Wikipedia
 ガーナ – Wikipedia

 ジャスティン・ウェルビー – Wikipedia
 (英語)Justin Welby – Wikipedia, the free encyclopedia
 イングランド国教会 – Wikipedia
 (英語)Church of England – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:西アフリカ聖公会)Church of the Province of West Africa – Wikipedia, the free encyclopedia
 聖公会 – Wikipedia
 (英語)Anglicanism – Wikipedia, the free encyclopedia
 アングリカン・コミュニオン – Wikipedia
 (英語)Anglican Communion – Wikipedia, the free encyclopedia