キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世【イオアン10世】聖下とシリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下の復活大祭のメッセージ(2017年4月)

 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・全東方総主教ヨウハンナ10世聖下(イオアン10世ジョン10世 : His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)とキリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)の復活大祭のメッセージが掲載されています。

 

記事:
 (英語:東方正教会アンティオキア・全東方総主教庁公式サイト)Paschal message – Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and All the East

 

参考(ウィキペディア):
 イオアン10世 (アンティオキア総主教) – Wikipedia
 (英語)John X of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 アンティオキア総主教庁 – Wikipedia
 (英語)Greek Orthodox Church of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 復活大祭 – Wikipedia
 復活祭 – Wikipedia

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世【イオアン10世】聖下を訪問(2017年4月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/東方正教会/アンティオキア・全東方総主教ヨウハンナ10世聖下(イオアン10世ジョン10世 : His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)を訪問されました。
 シリア正教会側から、シムハサナ教会府主教“モル”・ディオスコロス・クリアコゼ座下(His Eminence Mor Dioscoros Kuriakose, Metropolitan of the Simhasana Churches)らが同行された模様。

 

記事:
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit to His Beatitude Patriarch John X | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 イオアン10世 (アンティオキア総主教) – Wikipedia
 (英語)John X of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 アンティオキア総主教庁 – Wikipedia
 (英語)Greek Orthodox Church of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia

キリスト教/東方正教会/エルサレム総主教セオフィロス3世聖下が、ボスニア・ヘルツェゴビナ大統領評議会議長(セルビア人代表)イヴァニッチ閣下と会見(2017年3月)

 2017年3月13日、キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)は、同地を訪問したボスニア・ヘルツェゴビナ大統領評議会議長(セルビア人代表)ムラデン・イヴァニッチ博士閣下(イバニッチ : His Excellency Dr Mladen Ivanić)と会見されたようです。
 同国外務大臣のイゴル・ツルナダク閣下(Igor Crnadak)が同行した模様。

 会談では、カタール大主教区のことも話題に出たようです。
 エルサレム総主教庁はカタール国に大主教区を設置し、セルビア共和国ベオグラード大学で神学を学んだカタール大主教マカリオス座下(The Most Reverend Archbishop Makarios of Qatar)が管理しています。
 しかし、アンティオキア総主教庁は、この大主教区の設置を、同庁の管轄権の侵害であるとして、エルサレム総主教庁とのフル・コミュニオンを解除し(“破門”したなどと報道され)、いまだに解決に至っていません。

 

記事:
 (英語:エルサレム総主教庁公式ニュース・ゲート)THE PRESIDENT OF DEMOCRACY & MINISTER OF FOREIGN AFFAIRS OF BOSNIA AND HERZEGOVINA AT THE PATRIARCHATE

 

参考(ウィキペディア):
 セオフィロス3世 (エルサレム総主教) – Wikipedia
 (英語)Patriarch Theophilos III of Jerusalem – Wikipedia, the free encyclopedia
 エルサレム総主教庁 – Wikipedia
 (英語)Greek Orthodox Patriarch of Jerusalem – Wikipedia, the free encyclopedia

 ムラデン・イヴァニッチ – Wikipedia
 (英語)Mladen Ivanić – Wikipedia, the free encyclopedia
 ボスニア・ヘルツェゴビナ – Wikipedia

 (英語:イゴル・ツルナダク)Igor Crnadak – Wikipedia

 ベオグラード大学 – Wikipedia
 (英語)University of Belgrade – Wikipedia

 アンティオキア総主教庁 – Wikipedia
 (英語)Greek Orthodox Church of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia

キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教庁/レバノン山脈府主教ジルジス座下が、ロシア正教会の代表団と会見(2017年3月)

 2017年3月10日、キリスト教/東方正教会/アンティオキア・全東方総主教庁のレバノン山脈・ビブロス・ボトリス府主教ジルジス座下(His Eminence Metropolitan George of Mount Lebanon, Byblos and Botrys)は、ロシア正教会の代表団らと会見されたようです。

 

記事:
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Russian Orthodox Church’s representative meets with Metropolitan George of Mount Lebanon | The Russian Orthodox Church

 

参考(ウィキペディア):
 アンティオキア総主教庁 – Wikipedia
 (英語)Greek Orthodox Church of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia

 ロシア正教会 – Wikipedia
 (英語)Russian Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア – Wikipedia

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、シリアの大臣と会見(2017年3月)

 2017年3月7日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、シリア・アラブ共和国ワクフ大臣ムハンマド・アブドゥル・サッタール閣下(Mohammed Abdul Sattar)と会見されました。

※閣下がイスラム担当なのか宗教全般担当なのかいまいちわかりませんが。

 キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教庁/ピリッポポリス府主教ニフォン座下(His Eminence Metropolitan Niphon of Philipoppolis)が同席された模様です。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Святейший Патриарх Кирилл встретился с министром вакуфов Сирии – YouTube

 

記事:
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл встретился с министром вакуфов Сирии / Новости / Патриархия.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)His Holiness Patriarch Kirill meets with Syria’s Minister of Awqaf | The Russian Orthodox Church

 

参考(ウィキペディア):
 キリル1世 (モスクワ総主教) – Wikipedia
 (英語)Patriarch Kirill of Moscow – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア正教会 – Wikipedia
 (英語)Russian Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア – Wikipedia

 アンティオキア総主教庁 – Wikipedia
 (英語)Greek Orthodox Church of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:ムハンマド・アブドゥル・サッタール)Mohammed Abdul Sattar – Wikipedia
 シリア – Wikipedia

 ワクフ (イスラム) – Wikipedia