キリスト教/アルメニア使徒教会“カトリコス”ガレギン2世聖下が、インド副大統領ムハンマド・ハミド・アンサリ閣下と会見(2017年4月)

 2017年4月26日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)の首座/最高総主教・全アルメニア人の“カトリコス”ガレギン2世聖下(カレーキン2世 : His Holiness Karekin II, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)は、インド副大統領ムハンマド・ハミド・アンサリ閣下(Shri M. Hamid Ansari)と会見されました。

 

記事:
 (英語:アルメニア使徒教会/エチミアジンのカトリコス庁公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin – Catholicos of All Armenians Received the Vice-President of India

 

参考(ウィキペディア):
 ガレギン2世 – Wikipedia
 (英語)Karekin II – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:エチミアジンのカトリコス庁)Mother See of Holy Etchmiadzin – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア教会 – Wikipedia
 (英語)Armenian Apostolic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア – Wikipedia

 (英語:ムハンマド・ハミド・アンサリ)Mohammad Hamid Ansari – Wikipedia
 インド – Wikipedia

キリスト教/アルメニア使徒教会“カトリコス”ガレギン2世聖下が、ヨルダンのディナ・ミレッド王子妃殿下と会見(2017年4月)

 2017年4月28日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)の首座/最高総主教・全アルメニア人の“カトリコス”ガレギン2世聖下(カレーキン2世 : His Holiness Karekin II, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)は、ヨルダン・ハシミテ王国のディナ・ミレッド王子妃殿下(Her Royal Highness Princess Dina Mired)と会見されました。

※ディナ殿下は、(旧)イラク王室のミレッド・ビン・ラアド王子殿下の妻で、(旧)イラク王室はヨルダン王室と同じハーシム家のため、称号や敬称がそのままヨルダンのものとして見られています(細かいことをいうとどういうことになるのかわかりませんが)。

 会談には、エチミアジンのカトリコス庁からムシェグ・ババヤン主教座下(His Grace Bishop Moushegh Babayan, Administrative Director of the Mother See)が同席されたようです。

 

記事:
 (英語:アルメニア使徒教会/エチミアジンのカトリコス庁公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin – Catholicos of All Armenians Received HRH Princess Dina Mired of Jordan

 

参考(ウィキペディア):
 ガレギン2世 – Wikipedia
 (英語)Karekin II – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:エチミアジンのカトリコス庁)Mother See of Holy Etchmiadzin – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア教会 – Wikipedia
 (英語)Armenian Apostolic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア – Wikipedia

 (英語:ミレッド・ビン・ラアド王子)Prince Mired bin Ra'ad – Wikipedia
 イラク王国 – Wikipedia
 (英語)Kingdom of Iraq – Wikipedia

 ハーシム家 – Wikipedia
 (英語)Hashemites – Wikipedia, the free encyclopedia

 ヨルダン – Wikipedia

キリスト教/アルメニア使徒教会“カトリコス”ガレギン2世聖下が、セルビア大使と会見(2017年4月)

 2017年4月19日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)の首座/最高総主教・全アルメニア人の“カトリコス”ガレギン2世聖下(カレーキン2世 : His Holiness Karekin II, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)は、新任のアルメニア共和国駐箚セルビア共和国特命全権大使ドゥシャン・スパソイェヴィッチ閣下(Dušan Spasojevich)と会見されました(大使はアテネ在の模様)。

 アルメニア使徒教会とセルビア正教会の関係についてなどが話されたようです。

 アルメニア使徒教会エチミアジンのカトリコス庁から、渉外儀典長ナタン・ホヴァニシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Nathan Hovhannisyan, Director of External Relations and Protocol Department of the Mother See of Holy Etchmiadzin)が同席されたようです。

 

記事:
 (英語:アルメニア使徒教会/エチミアジンのカトリコス庁公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin – Catholicos of All Armenians Received Ambassador of Serbia to the Republic of Armenia

 

参考(ウィキペディア):
 ガレギン2世 – Wikipedia
 (英語)Karekin II – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:エチミアジンのカトリコス庁)Mother See of Holy Etchmiadzin – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア教会 – Wikipedia
 (英語)Armenian Apostolic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア – Wikipedia

 セルビア正教会 – Wikipedia
 (英語)Serbian Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 セルビア – Wikipedia

キリスト教/アルメニア使徒教会“カトリコス”ガレギン2世聖下が、アルメニア議会選挙の投票(2017年4月)

 2017年4月2日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)の首座/最高総主教・全アルメニア人の“カトリコス”ガレギン2世聖下(カレーキン2世 : His Holiness Karekin II, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)は、アルメニア共和国議会選挙の投票におもむかれました。

 

Armenian Church(アルメニア使徒教会/エチミアジンのカトリコス庁公式チャンネル):
Catholicos of All Armenians Voted in Armenia National Parliamentary Elections – YouTube

 

記事:
 (英語:アルメニア使徒教会/エチミアジンのカトリコス庁公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin – Catholicos of All Armenians Casts His Vote in the National Parliamentary Elections

 

参考(ウィキペディア):
 ガレギン2世 – Wikipedia
 (英語)Karekin II – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:エチミアジンのカトリコス庁)Mother See of Holy Etchmiadzin – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア教会 – Wikipedia
 (英語)Armenian Apostolic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア – Wikipedia

 (英語:2017年アルメニア議会選挙)Armenian parliamentary election, 2017 – Wikipedia

キリスト教/アルメニア使徒教会“カトリコス”ガレギン2世聖下が、選出されたコンスタンティノープル総主教代行を承認(2017年3月)

 2017年3月24日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)の首座/最高総主教・全アルメニア人の“カトリコス”ガレギン2世聖下(カレーキン2世 : His Holiness Karekin II, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)は、同教会のコンスタンティノープル総主教庁の総主教代行(Patriarchal Locum Tenens)に選出されたドイツ教区首座ガレギン・ベグジャン大主教座下(His Eminence Karekin Bekchian, Primate of the Armenian Diocese of Germany)を正式に承認された模様です。

※ドイツ教区がどうなるかは不明。

 

記事:
 (英語:アルメニア使徒教会/エチミアジンのカトリコス庁公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin – The Catholicos of All Armenians Conveyed His Blessings to the Newly Elected Locum Tenens of the Armenian Patriarchate of Constantinople

 

参考(ウィキペディア):
 ガレギン2世 – Wikipedia
 (英語)Karekin II – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:エチミアジンのカトリコス庁)Mother See of Holy Etchmiadzin – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア教会 – Wikipedia
 (英語)Armenian Apostolic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア – Wikipedia

 (英語:アルメニア使徒教会コンスタンティープル総主教庁)Armenian Patriarchate of Constantinople – Wikipedia