キリスト教/メルカイト東方カトリック教会/アンティオキア総大司教グレゴリオス3世ラハム座下が退任(2017年5月)

 2017年5月6日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/メルカイト東方カトリック教会首座/エルサレム/アレクサンドリア/アンティオキア・全東方総大司教グレゴリオス3世ラハム座下(グレゴリー3世ラハム : His Beatitude Gregorios III Laham Patriarch of Antioch and of All the East, of Alexandria and of Jerusalem of the Melkite Greek Catholic Church)が、退任された模様。

 退任に伴い、同教会で司教叙階よりもっとも年数が経っているアレッポ大司教ジャン=クレマン・ジャンバール座下(Archbishop Jean-Clément Jeanbart, Archbishop of Aleppo)が総大司教庁の管理者となったようです。

 

記事:
 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)From the Eastern Churches, 06.05.2017
 (英語)Catholic-Hierarchy News: Laham retired as Melkite Patriarch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:グレゴリー3世ラハム)Gregory III Laham – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:メルカイト東方カトリック教会)Melkite Greek Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia
 カトリック教会 – Wikipedia

 (英語:ジャン=クレマン・ジャンバール)Jean-Clément Jeanbart – Wikipedia