訃報(2017年4月22日):キリスト教/使徒座財産管理局名誉長官アッティリオ・ニコラ枢機卿座下、帰天(1937~2017)

 2017年4月22日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/イタリア共和国の、使徒座財産管理局(ローマ教皇聖座財産管理局)名誉長官アッティリオ・ニコラ枢機卿座下(His Eminence Attilio Cardinal Nicora, President Emeritus of the Administration of the Patrimony of the Apostolic See【APSA】)が帰天された模様です。
 1937年3月16日生まれの80歳。

 先月80歳を迎え、ローマ教皇選挙権を喪失したばかりでした。

 座下の帰天により、枢機卿の人数は222人に減少した模様。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (イタリア語)Morto cardinal Nicora, ex presidente Aif – Cronaca – ANSA.it

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:アッティリオ・ニコラ)Attilio Nicora – Wikipedia
 枢機卿 – Wikipedia
 カトリック教会 – Wikipedia

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、リヒテンシュタイン公ハンス=アダム2世殿下らと会見(2017年4月)

 2017年4月22日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/ローマ教皇フランシスコ聖下(ローマ法王台下 : His Holiness Pope Francis)は、リヒテンシュタイン公ハンス=アダム2世殿下(Hans-Adam II : His Serene Highness The Prince of Liechtenstein)、リヒテンシュタイン公妃マリー殿下(Marie : Her Serene Highness The Princess of Liechtenstein : キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ伯爵女マリー : Countess Marie Kinsky of Wchinitz and Tettau)、リヒテンシュタイン公世子アロイス殿下(アロイス皇太子アロイス摂政Alois : His Serene Highness The Hereditary Prince of Liechtenstein : His Serene Highness The Prince Regent of Liechtenstein)およびリヒテンシュタイン公世子妃ゾフィー殿下(リートベルク伯子妃 : Sophie : Her Royal Highness The Hereditary Princess of Liechtenstein, Countess of Rietberg : バイエルン王女、バイエルン公女 : Her Royal Highness Duchess Sophie in Bavaria, Princess of Bavaria)と会見された模様です。

 その他同席したとみられる一族の方々:
 リヒテンシュタイン公子ヨーゼフ・ヴェンツェル殿下
 リヒテンシュタイン公子マクシミリアン殿下と公子妃アンゲラ殿下、子息のアルフォンス殿下
 リヒテンシュタイン公子コンスタンティン殿下と公子妃マリア殿下(カールノキ=ケーレスパタキ家出身)と二人の子供モーリッツ殿下、ゲオルギーナ殿下、ベネディクト殿下
 リヒテンシュタイン公女タティアナ殿下と夫のフィリップ・フォン・ラットルフルーカス・フォン・ラットルフエリザベート・フォン・ラットルフマリア・フォン・ラットルフカミラ・フォン・ラットルフアンナ・フォン・ラットルフゾフィー・フォン・ラットルフ
 リヒテンシュタイン公子フィリップ殿下と公子妃イザベレ殿下、
  二人の長男夫婦のアレクサンダー殿下とアストリッド妃殿下、その子供のテオドラ殿下
  二人の次男ヴェンツェスラウス殿下
  二人の三男ルドルフ殿下とティルシム妃殿下、その次女のラエティティア殿下と次男のカール・ルートヴィヒ殿下(双子)
 リヒテンシュタイン公子ニコラウス殿下と公子妃マルガレータ殿下(ルクセンブルク大公女)、二人の長女マリア・アヌンチャータ殿下、次女マリー=アストリッド殿下、次男ヨーゼフ殿下
 リヒテンシュタイン公女ノルベルタ殿下(マリーニョ侯爵夫人)【ノーラ・フォン・リヒテンシュタイン】と娘のマリア・テレサ・サルトリウス・イ・デ・リチテンスタイン【リヒテンシュタイン】

 

Centro Televisivo Vaticano:
Udienza ai principi del Liechtenstein 22.04.2017 – YouTube

 

記事:
 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Audiences, 22.04.2017

Today the Holy Father received in audience:

Their Serene Highnesses Prince Hans-Adam II of Liechtenstein and Princess Marie of Liechtenstein;

Hereditary Prince Alois of Liechtenstein, serving Head of State, with Princess Sophie of Liechtenstein, and entourage;

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Holy See Press Office Communiqué: Audience with Their Serene Highnesses Prince Hans Adam II and Hereditary Prince Alois of the Principality of Liechtenstein
 (英語)Luxarazzi: Princely Family Meets the Pope
 (ドイツ語)Radio Liechtenstein – Nachrichten – Nachrichten Detailseite

 

 (写真一覧)画像と写真 | Getty Images
 (写真一覧)画像と写真 | Getty Images

 

Pope Francis poses with Prince Hans-Adam of Liechtenstein , his wife… ニュース写真 | Getty Images

 

Pope Francis meets Prince Hans-Adam II of Lichtenstein, Princesse… ニュース写真 | Getty Images

 

参考(ウィキペディア):
 フランシスコ (ローマ教皇) – Wikipedia
 (英語)Pope Francis – Wikipedia, the free encyclopedia
 ローマ教皇庁 – Wikipedia
 聖座 – Wikipedia
 バチカン – Wikipedia
 カトリック教会 – Wikipedia

 ハンス・アダム2世 – Wikipedia
 (英語)Hans-Adam II, Prince of Liechtenstein – Wikipedia
 マリー・キンスキー – Wikipedia
 (英語)Marie, Princess of Liechtenstein – Wikipedia
 アロイス・フォン・リヒテンシュタイン (1968-) – Wikipedia
 (英語)Alois, Hereditary Prince of Liechtenstein – Wikipedia
 ゾフィー・イン・バイエルン (1967-) – Wikipedia
 (英語)Sophie, Hereditary Princess of Liechtenstein – Wikipedia
 リヒテンシュタイン家 – Wikipedia
 (英語)House of Liechtenstein – Wikipedia
 リヒテンシュタイン – Wikipedia

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、新任のクロアチア大使と会見(2017年4月)

 2017年4月19日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会のモスクワ総主教庁渉外局長/ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、新任の、ロシア連邦駐箚クロアチア共和国特命全権大使トンチ・スタニチッチ閣下(His Excellency Mr Tonči Staničić)と会見されました。

 会談では、クロアチアのローマ・カトリック教会とロシア正教会の関係についてや、バルカン半島情勢などが話題にあがったようです。

 

記事:
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)DECR chairman meets with newly-appointed Croatian Ambassador to Russia | The Russian Orthodox Church

 

参考(ウィキペディア):
 イラリオン (アルフェエフ) – Wikipedia
 (英語)Hilarion (Alfeyev) – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア正教会 – Wikipedia
 (英語)Russian Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア – Wikipedia

 クロアチア – Wikipedia

訃報(2017年4月19日):キリスト教/ポレッチ・プーラ名誉司教アントゥン・ボゲティッチ座下、帰天(1922~2017)

 2017年4月19日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/クロアチア共和国のポレッチ・プーラ名誉司教アントゥン・ボゲティッチ座下(Bishop Antun Bogetić, Bishop Emeritus of Poreč-Pula)が帰天された模様です。
 1922年4月24日生まれの94歳。

 ご冥福をお祈りします。

 

記事:
 (クロアチア語:ポレッチ・プーラ司教区公式サイト)Preminuo mons. Antun Bogetić, porečki i pulski biskup u miru

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:アントゥン・ボゲティッチ)Antun Bogetić – Wikipedia
 カトリック教会 – Wikipedia

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、シリア・カトリック教会ダマスカス大司教を訪問(2017年4月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会のダマスカス大司教【ダマス大司教】グレゴリオス・エリアス・タベ座下(Archbishop Gregorios Elias Tabé, Archbishop of Damas)を訪問されたようです。
 ダマスカス大主教区総主教代理“モル”・ティモセオス・マッタ・アル=コーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Archdiocese of Damascus)が同行された模様。

 

記事:
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit to the Syriac Catholic Archbishop of Damascus | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:シリア・カトリック教会)Syriac Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia