キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、シリア・カトリック教会ダマスカス大司教を訪問(2017年4月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会のダマスカス大司教【ダマス大司教】グレゴリオス・エリアス・タベ座下(Archbishop Gregorios Elias Tabé, Archbishop of Damas)を訪問されたようです。
 ダマスカス大主教区総主教代理“モル”・ティモセオス・マッタ・アル=コーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Archdiocese of Damascus)が同行された模様。

 

記事:
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit to the Syriac Catholic Archbishop of Damascus | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:シリア・カトリック教会)Syriac Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia

インタビュー記事:キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下へのインタビュー記事(2017年3月)

 この記事は、もともとは、ギリシャの Romfea.gr (ギリシャ語)がキリスト教/東方正教会/ロシア正教会のモスクワ総主教庁渉外局長/ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))におこなったインタビューのようですが、同渉外局公式サイトに英訳が掲載されたのでリンクしておきます。

 内容は、ロシア正教会が聖大シノドに参列しなかったこと、アトス山 第2席 ヴァトペジ修道院 修道院長エフレム師に無罪判決が出た件(ロシア正教会はエフレム師を支援)、キプロスにロシア正教会の聖堂が建てられたことについてギリシャにも建てるのか(ロシア正教会の聖堂ではなく、ロシア正教会式の外装・典礼をおこなうキプロス正教会の聖堂であると回答【原則論を出して話を逸らした感もありますが】)、モスクワ総主教キリル聖下およびイラリオン座下のヨーロッパ訪問が増えていることについて、ウクライナの正教会の現況およびバルソロメオス1世聖下について、シリア・中東・過激派・テロリズムなどについて、です。

 もともとの Romfea.gr の記事と、なぜか質問の順番が異なっていますが……。

 

記事:
 (ギリシャ語:もともとの Romfea.gr の記事)Ο Μητροπολίτης Βολοκολάμσκ Ιλαρίωνας στην Romfea.gr
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion’s interview with Greek Romfea news agency | The Russian Orthodox Church
 (英語)Russian Church concerned about Constantinople meeting with Ukrainian schismatics / OrthoChristian.Com

 

参考(ウィキペディア):
 イラリオン (アルフェエフ) – Wikipedia
 (英語)Hilarion (Alfeyev) – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア正教会 – Wikipedia
 (英語)Russian Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 ロシア – Wikipedia

キリスト教/アルメニア使徒教会/キリキア“カトリコス”アラム1世聖下が、ベイルート使徒座代理セザール・エッサイアン司教座下と会談(2017年3月)

 2017年3月24日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)のキリキアのカトリコスアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of Cilicia)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/ラテン典礼のベイルート使徒座代理(代牧)セザール・エッサイアン司教座下(マレオテス名義司教 : Bishop César Essayan, O.F.M. Conv., Vicar Apostolic of Beirut, Titular Bishop of Mareotes)と会談されたようです。
 セザール・エッサイアン座下はアルメニア系の人物のようです。
 また、今回の会談には、アルメニア・カトリック教会よりベイルート大司教区のベイルート補佐司教ケヴォルク・アサドゥリャン座下(アミダ・デグリ・アルメニ名義司教 : Bishop Kévork Assadourian, I.C.P.B., Auxiliary Bishop of Beirut (Armenian Catholic Church), Titular Bishop of Amida degli Armeni)が同席された模様。

 ベイルート使徒座代理区は、レバノン共和国内のラテン典礼のカトリック教会を管轄しているようです。

 

Cilicia TV:
ԼՈՒՐԵՐ ԿԱԹՈՂԻԿՈՍԱՐԱՆԷՆ 24.03.2017 – YouTube

 

記事:
 (英語:アルメニア使徒教会キリキアのカトリコス庁公式サイト)His Holiness Aram I receives the new Spiritual Leader of the Latin Church in Lebanon | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:アラム1世)Aram I – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:キリキアのカトリコス庁)Holy See of Cilicia – Wikipedia, the free encyclopedia
 アルメニア教会 – Wikipedia
 (英語)Armenian Apostolic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 レバノン – Wikipedia

 (英語:ベイルート使徒座代理区)Apostolic Vicariate of Beirut – Wikipedia
 使徒座代理区 – Wikipedia
 (英語)Apostolic vicariate – Wikipedia
 カトリック教会 – Wikipedia

 (英語:アルメニア・カトリック教会)Armenian Catholic Church – Wikipedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia

キリスト教/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下の映像(2017年3月)

 ROME REPORTS より、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Ignatius Youssef III Younan, Patriarch of Antioch for Syriac Catholic Church)の映像です。

 

 (英語)Catholic Patriarch: The challenge for Middle East Christians is to come home – ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Catholic Patriarch: The challenge for Middle East Christians is to come home – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン)Ignatius Joseph III Yonan – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:シリア・カトリック教会)Syriac Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、キリスト教/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下と会見(2017年2月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Ignatius Youssef III Younan, Patriarch of Antioch for Syriac Catholic Church)と会見されたようです。

 シリア・カトリック教会側から、
 バグダード名誉大司教アタナーズ・マティ・シャバ・マトカ座下(Mor Athanasius Matti Mattoka)、
 マルディン・デイ・シリ名義大司教ドゥニ・ラブーラ・アントワーヌ・ベイルーニ座下(Mor Raboula Antoine Beylouni)、
 ホムス=ハマー=ナブク大司教テオフィル・フィリップ・バラカート座下(Mor Theophilus Philip Barakat, Archbishop of Homs, Hama, Nabak and Environs)、

 シリア正教会側から
 コーチン府主教“モル”・グレゴリウス・ヨセフ座下(His Eminence Mor Gregorius Joseph, Metropolitan of Cochin and Secretary of the Regional Holy Synod of India)、
 “モル”・クリソストモス・ミカエル・シェムーン座下(His Eminence Mor Chrysostomos Mikhael Shemoun, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Benevolent Institutions in Atchaneh)、
 らが同席されたようです。

 

記事:
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit of the Syriac Catholic Patriarch Mor Ignatius Youssef III Younan | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン)Ignatius Joseph III Yonan – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:シリア・カトリック教会)Syriac Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia