キリスト教/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下の映像(2017年3月)

 ROME REPORTS より、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Ignatius Youssef III Younan, Patriarch of Antioch for Syriac Catholic Church)の映像です。

 

 (英語)Catholic Patriarch: The challenge for Middle East Christians is to come home – ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Catholic Patriarch: The challenge for Middle East Christians is to come home – YouTube

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン)Ignatius Joseph III Yonan – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:シリア・カトリック教会)Syriac Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、キリスト教/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下と会見(2017年2月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/シリア・カトリック教会アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Ignatius Youssef III Younan, Patriarch of Antioch for Syriac Catholic Church)と会見されたようです。

 シリア・カトリック教会側から、
 バグダード名誉大司教アタナーズ・マティ・シャバ・マトカ座下(Mor Athanasius Matti Mattoka)、
 マルディン・デイ・シリ名義大司教ドゥニ・ラブーラ・アントワーヌ・ベイルーニ座下(Mor Raboula Antoine Beylouni)、
 ホムス=ハマー=ナブク大司教テオフィル・フィリップ・バラカート座下(Mor Theophilus Philip Barakat, Archbishop of Homs, Hama, Nabak and Environs)、

 シリア正教会側から
 コーチン府主教“モル”・グレゴリウス・ヨセフ座下(His Eminence Mor Gregorius Joseph, Metropolitan of Cochin and Secretary of the Regional Holy Synod of India)、
 “モル”・クリソストモス・ミカエル・シェムーン座下(His Eminence Mor Chrysostomos Mikhael Shemoun, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Benevolent Institutions in Atchaneh)、
 らが同席されたようです。

 

記事:
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit of the Syriac Catholic Patriarch Mor Ignatius Youssef III Younan | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン)Ignatius Joseph III Yonan – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:シリア・カトリック教会)Syriac Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、キリスト教/メルカイト東方カトリック教会/アンティオキア総大司教グレゴリオス3世ラハム座下と会見(2017年2月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/メルカイト東方カトリック教会首座/エルサレム/アレクサンドリア/アンティオキア・全東方総大司教グレゴリオス3世ラハム座下(グレゴリー3世ラハム : His Beatitude Gregorios III Laham Patriarch of Antioch and of All the East, of Alexandria and of Jerusalem of the Melkite Greek Catholic Church)と会見されたようです。
 シリア正教会からはアル=ジャジーラ・ユーフラテス大主教区代表“モル”・モーリス・アムシフ座下(His Grace Bishop Mor Maurice Amsih, Patriarchal Delegate in the Archdiocese of Al-Jazeerah and Euphrates)、
 らが同席された模様。

 

記事:
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit of His Beatitude Patriarch Gregorius III Lahham | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:グレゴリー3世ラハム)Gregory III Laham – Wikipedia, the free encyclopedia
 (英語:メルカイト東方カトリック教会)Melkite Greek Catholic Church – Wikipedia, the free encyclopedia
 東方典礼カトリック教会 – Wikipedia

キリスト教/ユスト高山右近の列福式(2017年2月)

 2017年2月7日、大阪城ホールにて、ユスト高山右近Justo Takayama Ukon)の列福式がおこなわれました。
 ローマ教皇庁列聖省長官アンジェロ・アマート枢機卿座下(His Eminence Angelo Cardinal Amato, Prefect of the Congregation for the Causes of Saints)がローマ教皇代理として臨席、フィリピン共和国のマニラ大司教ルイス・アントニオ・ゴキム・タグレ枢機卿座下(His Eminence Luis Antonio Gokim Cardinal Tagle)、日本国駐箚ローマ教皇大使ジョセフ・チェノット大司教座下(ミレヴム名義大司教 : Archbishop Joseph Chennoth, Apostolic Nuncio to Japan, Titular Archbishop of Milevum)、東京大司教ペトロ岡田武夫座下(埼玉使徒座管理 : Archbishop Peter Takeo Okada, Archbishop of Tōkyō, Apostolic Administrator of Saitama)らが参列。

 

記事:
 ユスト高山右近を福者として宣言、大阪で列福式 – バチカン放送局
 ユスト高山右近:「福音宣教の不屈の推進者、偉大な信仰の宝」、列福式でアマート枢機卿 – バチカン放送局

 

参考(ウィキペディア):
 高山右近 – Wikipedia
 (英語)Dom Justo Takayama – Wikipedia
 高山氏 – Wikipedia

 (英語:ルイス・アントニオ・タグレ)Luis Antonio Tagle – Wikipedia

 (英語:アンジェロ・アマート)Angelo Amato – Wikipedia

 (英語:ジョセフ・チェノット)Joseph Chennoth – Wikipedia

 岡田武夫 (カトリック) – Wikipedia
 (英語)Peter Takeo Okada – Wikipedia

 列福 – Wikipedia
 福者 – Wikipedia

 大阪城ホール – Wikipedia

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、キリスト教/マロン典礼カトリック教会アンティオキア総大司教ベカラ・ブートロス・ライ枢機卿座下を訪問(2017年1月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・全東方総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)らは、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/マロン典礼カトリック教会のアンティオキア総大司教ベカラ・ブートロス・ライ枢機卿座下(His Beatitude and Eminence Moran Mor Béchara Boutros Cardinal Raï, O.M.M. , Patriarch of Antioch【Antiochia】 and the Whole Levant (Maronite))を訪問されたようです。

 シリア正教会側からは、
 レバノン山脈・トリポリ大主教“モル”・セオフィルス・ゲオルゲス・サリバ座下(His Eminence Mor Theophilus Georges Saliba, Archbishop of Mount Lebanon and Tripoli)、
 ザーレ・ベッカー総主教代理“モル”・ユスティヌス・ブーロス・サファル座下(His Eminence Mor Justinus Boulos Safar, Patriarchal Vicar of Zahleh and Beqaa)、
 ベイルート府主教“モル”・クレーミス・ダニエル・クリエフ座下(His Eminence Mor Clemis Daniel Kourieh, Metropolitan of Beirut)、
 “モル”・クリソストモス・ミカエル・シェムーン座下(His Eminence Mor Chrysostomos Michael Shemoun, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Benevolent Institutions in Atchaneh)、
 中米総主教代理“モル”・ヤコブ・エドゥアルド座下(His Eminence Mor Yacoub Eduardo, Patriarchal Vicar in Central America)、
 が同行した模様。

 

記事:
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit to the Maronite Patriarch Cardinal Al-Rai | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

参考(ウィキペディア):
 (英語:イグナティウス・アフレム2世)Ignatius Aphrem II of Antioch – Wikipedia, the free encyclopedia
 シリア正教会 – Wikipedia
 (英語)Syriac Orthodox Church – Wikipedia, the free encyclopedia

 (英語:ベカラ・ブートロス・アル=ライ)Bechara Boutros al-Rahi – Wikipedia, the free encyclopedia
 マロン典礼カトリック教会 – Wikipedia
 (英語)Maronite Church – Wikipedia, the free encyclopedia